観光タクシーを利用して祖父母と出かけよう!

祖父母孝行をしようと旅行を計画している方も多いでしょう。しかし、高齢であったり体が不自由だったりすると、公共交通機関を利用するのはなかなか大変です。また、旅行を楽しんでもらおうと思っていても、実際には旅行が負担になっていることもあります。

祖父母に楽しんでもらうために旅行を企画するのであれば、観光タクシーの利用を踏まえて企画を立てることがおすすめです。観光タクシーは会社によってヘルパー資格を持っているドライバーが在籍していることもあり、車両も車いすのまま利用できるタイプが用意されていたりと、体が不自由な方にとって負担の少ないタクシーです。観光タクシーといっても、ドライバーがヘルパー資格を持っていないと、業務として介助はできません。ヘルパー資格を持っているドライバーなら、移動だけではなく、利用者の介助もしてくれます。車種としては、一般のタクシーのようなセダン車だけでなく、車いす専用のリフトやスロープが付いたワンボックス車、寝台車、回転シート型の車もあります。

利用料金に関しては注意が必要で、日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出ではないので、介護保険の適用外です。利用する際には、観光タクシーの会社に、乗車人数や車両の希望、介助の必要があるかなどを伝え、見積もりをもらいます。料金は、一般的にはタクシーの運賃に加え、介助をお願いする場合は介助料がかかり、車いすや寝台などの介護機器をレンタルすれば、そのレンタル料が加算されます。会社によっては、無料でレンタルができる場合もあります。また、福祉タクシーの場合は身体障害者手帳や療育手帳を提示すれば、運賃の割引が受けられることがあります。

祖父母との旅行で人気なのは温泉地です。遊園地や景勝地を回るのは負担になることも多いので、温泉地でおいしい食事を楽しみながら体を癒すのが人気となっています。旅館が独自のイベントを企画していて、ただ温泉に入ってゆっくりするだけではないプランもあるので、十分家族全員が楽しみながら思い出をつくることができます。高齢の祖父母と旅行するとなると、サプライズで発表といっても迷惑になることもあるため、事前に相談して、みんなが楽しめるよう計画を立てる必要があります。その際に、祖父母が体が不自由という場合でも、観光タクシーを利用することで、みんなで楽しめるプランを立てることができるので、まずは見積もりをとって予約をしてみましょう。